backtotop

車買取で査定額を上げたいと思う人は、次のことを注意してください。

それは、車をできるだけ標準に近い状態で出すということです。

もっと簡単にいえばノーマルで出すということですが、こうすることによって査定額をプラスにもっていける可能性があります。

その理由は、車買取を行う業者が求めてる車は、ノーマルが多いからです。全てがそうではありませんが、大体の買取業者においては、最も買取需要が高いのはノーマルだと思ってください。

したがって査定金額についても、カスタム車よりノーマルのほうが基本的には金額が高いのです。

この点を踏まえたうえで、じゃあどのように対策をとればいいかといえば、次の二つのことを考慮しなければなりません。

一つは、車内に不要な物を置いたり、過剰な装飾をしないということです。すでにそれを行っているなら、査定の前には全て撤去しておくようにしてください。

ノーマルを欲しがってる業者の場合、そうした不要な装飾品があると、撤去したり手直しするのに手間がかかるため、その分の評価を落とされてしまう可能性があります。

もう一つは、エクステリア、マフラー、アルミホイールなどパーツ類について、純正品に戻しておくということです。

社外品でも評価されることもありますが、一般的には純正パーツを揃えておくことが高価買取に繋がります。

もし社外品と純正品の両方があるなら、純正品のパーツを車に付けて、社外品は単体のパーツとして提出するといいでしょう。

このように、できるだけ標準に直してから査定に出すことが高価買取に繋がります。